スポンサードリンク

2007年09月30日

くりはら田園鉄道

線路、駅舎、鉄道設備など全体が昭和を彷彿とさせる。
貨物列車が走っていた頃は活況を示していたのだろうか。
そのころは私鉄であったがそれでも電車は古く左右に車体を揺らしながら走っていた。
第三セクターに転換されたがその時車両をすべて新車のデイゼルカーに変えた。そのため車内は清潔でボックスシートとロングシートの座席で走行時にあまり揺れることもなくなった。


歴史
1918年(大正7年)12月15日 栗原軌道株式会社設立
1921年(大正10年)12月20日 石越〜沢辺間(8.85km)開業
1922年(大正11年)12月17日 沢辺〜岩ヶ崎(現・栗駒)間(7.73km)開業
1941年(昭和16年)12月3日 軌道法による軌道から地方鉄道法による鉄道に変更。栗原鉄道と改称
1942年(昭和17年)12月1日 岩ヶ崎〜細倉鉱山間(?km)開業。全線で26.2km
1952年(昭和27年)9月21日 電気運転開始(直流750V)
1955年(昭和30年)9月26日 軌間を762mmから1067mmに変更
1955年(昭和30年)11月29日 栗原電鉄と改称
1964年(昭和39年)6月1日 陸前乗合自動車を合併。宮城中央交通と改称
1968年(昭和43年)8月31日 バス部門を分社(宮城中央バス)
1969年(昭和44年)2月25日 再度栗原電鉄と改称
1987年(昭和62年)3月29日 細倉〜細倉鉱山間休止。貨物営業廃止
1988年(昭和63年)11月1日 細倉〜細倉鉱山間(0.7km)廃止(10月27日とする文献あり)
1990年(平成2年)6月16日 細倉〜細倉マインパーク前間(0.2km)開業。細倉駅廃止
1993年(平成5年)12月15日 親会社の三菱マテリアルが株式を沿線5市町村(当時)に譲渡、第三セクターとなる
1995年(平成7年)4月1日 くりはら田園鉄道と改称。電化廃止。ワンマン運転開始
2007年(平成19年)4月1日 鉄道輸送廃止。バス輸送(ミヤコーバス)へ転換

運行形態
2時間に1本程度で、朝と夜の2往復は土曜日と休日は運行されず、その代わりとして午前中に1往復が土曜・休日に運行されていた。
posted by ツル at 19:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/58077364

この記事へのトラックバック


Excerpt: 三菱マテリアル三菱マテリアルは、三菱グループの一員で非鉄金属、セメント、金属加工などの事業を行っている。1990年、三菱金属と三菱鉱業セメントが合併し、発足。.wikilis{font-size:10..
Weblog: 東証で上場している会社一覧です(その21)
Tracked: 2007-10-02 03:00
スポンサードリンク
dummy dummy dummy
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。